雨漏り修理は誰に任せる!?雨漏り業者の選び方

住宅に起きるトラブル、雨漏りは様々な箇所から発生します。そのため、雨漏りの修理業者として建築知識が豊富な住宅施工会社や建築業界の専門家、工務店のベテラン大工など、様々な業界の職人が携わっています。また、ハウスメーカーが自社施工ではなくても修理の受付をしていることは珍しくありません。雨漏り修理をお考えの方は、どんな業者選びをすればいいのか迷われることと思います。悪徳な業者に騙されたという話を聞いたことがあれば、自分も詐欺にあうのではないか?と不安になるでしょう。具体的に雨漏り修理の施工業社と業者の選び方についてご紹介しますので参考にしていただければと思います。

気になる雨漏り修理費は?

雨漏り修理専門の施工会社というのはありません。雨漏りの原因となる箇所が屋根や壁であることから、各分野の専門者や技術者が修理の仕事を請け負っているのです。経験や実績が豊富で、ノウハウを身につけている住宅の各種大工工事業者、職方達はどの箇所が原因でもお客様のニーズに応え、悩みを解決するために誠意を持って責任施工しています。専門知識を持ちこだわりある専門分野としている業者に任せることで、より品質がよく満足できる結果が得られます。また、必要な道具が常に揃っているのも特徴です。施工会社選びの際は、どこに雨漏りの原因があるのか分かっている場合には、その箇所の工事実績、自信があるところに連絡・相談するといいでしょう。

雨漏り修理のプロ・専門会社は?

雨漏り修理専門の施工会社というのはありません。雨漏りの原因となる箇所が屋根や壁であることから、各分野の専門者や技術者が修理の仕事を請け負っているのです。経験や実績が豊富で、ノウハウを身につけている住宅の各種大工工事業者、職方達はどの箇所が原因でもお客様のニーズに応え、悩みを解決するために誠意を持って責任施工しています。専門知識を持ちこだわりある専門分野としている業者に任せることで、より品質がよく満足できる結果が得られます。また、必要な道具が常に揃っているのも特徴です。施工会社選びの際は、どこに雨漏りの原因があるのか分かっている場合には、その箇所の工事実績、自信があるところに連絡・相談するといいでしょう。

雨漏り修理の場所別でみる業者選び

修理が必要な場所ごとに、どんな業者を選べばいいのかみていきましょう。

屋根

雨漏りと言えば、屋根材の破損、防水加工の劣化などが原因となることが多いです。この場合には、屋根工事を得意とする屋根職人や板金屋が頼りになります。

外壁

外壁のヒビ割れなどから雨漏りが浸入している場合には、外壁塗装や外壁工事の施工会社、職人が得意としています。また、ベランダの修理、外壁の接続部分の施工も得意です。

窓のサッシに隙間ができている・サッシ周りの防水加工が劣化しているという時には、サッシ屋が力になってくれます。

気になる雨漏り修理費は?

雨漏り修理で気になるのは工事の費用でしょう。出費は安いほうがいいと思うかもしれませんが、修繕費用はベランダ、屋根など修理箇所、雨漏りの状態、業者が提供しているプランなどによって異なります。ここでは、どんな場所の修理に費用が必要になるのか目安についてご紹介します。

屋根・天井

工事の規模より費用も変動しますが、下地補修費用と屋根材の張替え費用が主になるでしょう。近年、普及しているソーラーパネルを設置していれば移設費用も発生することがあり、天井のシミや腐朽で修理が必要な場合には天井の修理費用が加算されます。

壁・床

一般的には、外壁の補修費用のみで済みますが、タイルを使用している外壁には、タイル制作費がかかることもあります。また、外壁からの雨漏りは床にも被害が広がっていることも多いので、床の補修が必要なケースもあります。
そのような背景から、外壁を修理している業者には床下無料診断を行っているところも多いようです。

ベランダ

ベランダ修理の費用は、作業場所が外壁か床によって費用が異なります。外壁であれば防水処理以外に塗装も必要で、ベランダの床と費用が異なることがあります。

ビルは傾斜がない陸屋根のことが多く、雨水が排水しにくいことから、より念入りな防水加工が必要です。そのため、陸屋根の修理費用はその他の屋根と異なります。住宅よりも工事の規模が大きくなるため、ビルの修理費用も相応な金額になると言えます

雨漏り修理の概算費用を出してみよう

  • 雨漏りの原因箇所の調査費用

    ※無料で調査を実施している場合あり
  • 屋根材などの
    材料代金・
    防水加工費

  • 現状復旧費用

    ※雨漏りによって現状復旧工事が必要な天井・床などある場合
  • 概算費用

※業者によって、料金表・平均価格帯を掲げているところもありますが、現場での検査後に費用の見積もりがあるので追加費用など含めよく確認することでより正確な料金を知ることが出来ます。

納得できる業者を選ぶには?

費用以外にも、しっかりと要望に応えてくれるサービスがあるのか、施工完了後のサポートにはどんなものがあるのかも判断基準にされることが業者選びにおける成功の秘訣と言えるでしょう。

保証

万が一の時のために、保証の有無はとても重要です。業者によって5年、10年保証と設けている保証期間が違います。特に、屋根のように耐用年数が長い場所は、保証修理期間が何年なのか確認しておきましょう。

工事に着手するまでの日数

雨漏り修理は早ければ早いに越したことはありません。施工箇所の破損などが大きければその分、工事期間も長くなります。迅速な対応力をモットーにしている業者も多いので、最短どれくらいの日数で着工してもらえるのかを考慮するのもいいでしょう。

相談時の対応

相談した時に悩みに共感し、親切で丁寧な対応をしてくれるかも大切です。些細な苦情にでも、原因究明と改善策などを考え、きちんとフィードバックしている業者は信頼できます。

資格

大きなビルなど、雨漏り修理が大規模な工事になる時には、建築施工管理技士・一級施行管理技士・建築士などの有資格者がいると安心です。また、建設業許可を得ているかも大事です。

屋根や外壁は、耐用年数未満で雨漏りが発生することはあります。実際に雨漏りに見舞われたことがない第三者には深刻さが伝わりにくいかもしれません。さらには、費用も安く抑えたいという希望あることでしょう。そのような条件にあった業者を探すのは難しい事もあると思います。そんな時には当サイトにお任せ下さい。

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼