放置は禁物!雨漏り後の被害まとめ

住まいに雨漏りがあっても、室内に落ちてくる水滴や生活への影響が少ないからとしっかりとした調査や修理せず放置されてしまうことが時折あるようです。ですが、そうした感覚に頼った対処をしていたら要注意です。雨漏りは、すぐに発見できる被害が僅かであっても、そのまま放っておくと思いもよらない深刻な事態に発展する可能性があります。ここではいくつかのトラブル事例を見ながら、雨漏りから生じる様々なリスクをチェックしていきましょう。

主な被害一覧

  • 一次被害
    建物被害
    内装被害

  • 二次被害
    健康被害
    有害生物被害

雨漏りによる一次被害

雨漏りの一次被害とは、雨水が原因箇所から染み込むことにはじまる建物被害のが主になります。そして、住宅などは様々な機能を持った建築方法が組み合わされた構造体ですから、被害の内容は大きく「外装被害」と「内装被害」に分けて見ることができます。

外装被害

外装被害主の主な内容は建築材の傷み(いたみ)です。材料によって木材の腐食や金属の錆といった症状がありますが、住宅の土台部分に雨水が浸入すると住まいの安全に関わる機能を大きく損なう危険性もあります。

木材の被害

雨水の浸入によって木が腐る症状は、水分が残っている限り木材腐朽菌の繁殖が続くことがあります。ひどい場合には天井が落ちる、建物が倒壊するといった事態も考えられ、耐震機能にも大きく影響します。

金属の被害

ネジなどの金属部品が錆びることで雨漏りの原因箇所が拡大する他、鉄筋コンクリートの内部が錆びるとコンクリート部分の強度も低下してしまいます。

その他の建材被害

天井や壁の染み、土壁の劣化など。時間の経過とともに浸入する雨水が増えて被害が広がってしまいます、湿気やカビの臭いを感じたら見えない部分で雨漏りが進行していることも考えられます。

内装被害

ここで言う内装は、建物内の壁や天井に加えて、電気設備なども含まれます。特に電気配線への影響は発見しにくいこともあるので、電化製品の使用に注意しましょう。

電気設備の被害

雨の前後に電球や電灯が使用できなくなった場合、雨水の浸入から天井内で漏電が発生している可能性があります。漏電ブレーカーを使用していれば電気がつかないことで早めに察知できますが、漏電箇所から発火すると大変危険です。

家具・家電の被害

雨漏り被害が住居内部にまで及んでしまうと家具・家電類も被害を受けることがあります。天井からの水滴はもちろん、壁に接している家具では見えない背面部分からの浸水もあり、箪笥や電化製品の内部に湿気が溜まると衣類の損害や故障に繋がります。

放っておくと発生する二次被害

二次被害は雨漏りの症状を放置しておくことで次第に発生するものです。水以外にも様々なものが原因となって住環境悪化を招き、被害が広がるほどに全容を把握することが難しくなってくるのも大きな特徴です。中には気がつきにくい病気の被害を被ることもありますから、早期の対処がとても大切になります。

外装被害

外装被害主の主な内容は建築材の傷み(いたみ)です。材料によって木材の腐食や金属の錆といった症状がありますが、住宅の土台部分に雨水が浸入すると住まいの安全に関わる機能を大きく損なう危険性もあります。

健康被害

建物内部の湿度が高い状態が続くと、人間の健康に悪い影響が出ることが多くあります。大人と子供の体格差やそれぞれの体質によっても深刻さが違って来ることがありますので、自分だけでなく家族の体調変化にも気をつけておきましょう。

アレルギー…雨漏りによる湿気の蓄積から天井にカビが生えるなどすると、時には喘息に繋がるようなアレルギー反応を起こすことがあります。見えないエアコン内部や屋根裏もカビが生えやすいので、臭いや息苦しさを感じたら調査を行いましょう。

ストレス…アレルギーなどがなくても、生活空間に湿気やカビの臭いが充満していると、いつの間にか心身にストレスが蓄積してしまい、体調不良などの影響がでこともあります。

有害生物被害

雨漏りによる湿気は、害虫や害獣が好む高温多湿の環境を住宅内に作りやすくなります。多くの実験結果などから特に注意が必要とされているのが以下の3種類の生物です。

シロアリ…雨漏りで湿った木材はシロアリの餌となり、シロアリ駆除費用が別途必要になる場合もあります。新築時に薬剤で防蟻処理を行っていても、一般的にその効果は5年程で無くなってしまうとされています。

ネズミ…水を好むドブネズミの侵入が主に警戒されます。雑食性のネズミは人間の生活空間にも餌を求めて入り込むようになるので、ネズミの糞などの衛生的な問題も生じてきます。

ダニ…押し入れに雨漏りの影響があると、布団などでの繁殖を促してしまいます。小さな個体なので生息範囲の拡大を防ぐのは非常に困難です。また、ダニを原因とする健康被害のリスクもありますので、早急な対策が重要になります。

このように、雨漏りの被害は目に見える直接的なものもあれば、一方では雨漏りが原因であると気がつきにくい二次被害も数多く発生する可能性があります。対処が遅れればそれだけ住まいや家族の心身にも苦しみを与え続けることになりますから、雨漏りの発生を確認、または心配に感じた時は、雨漏り修理の業者に依頼して隅々までしっかり調査と修理をしてもらいましょう。そうすれば、当面の問題解決だけでなく、長期的な生活の安心も確実に得ることができるでしょう。

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼