雨漏りした時の最適な判断方法

雨漏り時に覚えておくと便利な心判断方法があります。

雨漏りが発生した場合、放っておかないこと

雨漏りが発生した場合、放っておかないこと

初めての雨漏りの場合は、どうしたらいいか分からないこともありますが、基本的には放っておくのは危険です。対処費用等の懸念もありますが何かしら対策を立てましょう。

リスクのある応急処置は行わないこと

高所の雨漏り処置はしない方が賢明です。

1.雨漏りを悪化させてしまう危険性がある

何の予備知識もなく、屋根等の劣化個所を触ってしまうともしかしたら雨漏りをふさいでいる部分も壊してしまう危険性があります。必ずプロに見て頂いて、触らないようにしましょう。

2.高所から落ちる危険性がある

たとえばご自宅の屋根までの高さを思い浮かべてみてください。もしその高さから落ちたとすると、骨折をしたり重症を負う危険があります。職人でさえ作業途中で落下するケースもあるのです。

3.個人費用で行うと高くなる可能性がある

プロが調達する資材では材料等に無駄がありませんが、個人での施工費用は想定が付かない場合が多いです。また余計な資材を取り付けてしまって雨漏りを悪化させた場合、修理の費用が掛かってしまう場合もあるからです。

雨漏り応急処置コラム

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼