福岡市対応の弊社加盟店のご紹介

太洋瓦総工
太洋瓦総工は、福岡南部から熊本県北部で雨漏りに困っている方のトラブルを解決する事に力を入れている会社です。雨漏りは放っておくと大変な二次被害をもたらしますので、雨漏りを見つけたら早急に対処する必要があります。天井や壁紙に水染み跡がある場合は要注意です。雨漏りと言えば天井から水滴がポタポタたれて、床に水たまりができている状態を想像する方が多いかと思いますが、もちろんそういった分かりやすい状況ならいいのですが、密かに壁紙の裏で水が流れ続けているなんて状況もありえるのです。雨漏りの発見が遅れると、柱などの木造部分が腐食していき、そこを住み処(すみか)としてシロアリが発生し、カビやダニ等も発生してしまうのです。派手な雨漏りならすぐに対処もできるでしょうが、目に見えないところで柱などの構造上重要な木材部分に水が侵入している可能性もあります。雨漏り精通した職人がいる太洋瓦総工のような業者さんが頼りになります。
サンクスホーム
雨漏りでお困りの方の元へ駆けつけトラブルを解決している、サンクスホームは雨漏りの修理はもちろん、対策のノウハウもばっちりで、福岡ならどこでも駆付けてくれます。雨漏りは放っておくと大変な二次被害をもたらしますので、発見しだい早急に対策を立てなければいけません。雨漏りによってもらたされる被害はいくつもあって、カビが発生し、シックハウス症候群を誘発してしまう危険性もあるのです。カビは雨水が木造部分に侵入することにより、住居内が高湿度となり、結露を起こしやすくなることが原因で発生します。その結果、カビだけではなく、ダニの発生率まで上がってしまいます。カビが発生することによって、室内の空気は汚染され、アレルギーなどのシックハウス症候群の原因となるのです。また湿気で木造部分が腐敗してしまえば、それだけでも危険な状態ですが、さらにシロアリまで寄ってきてしまうので、早急に対処する必要があるのです。
せりのホームサービス
せりのホームサービスは雨漏りで起こるあらゆるトラブルの解決に全力で取り掛かっている会社です。日本は地震大国と言われるほど地震発生率が高く、地震によって建物が歪んでしまい、それによって亀裂などができてしまい、そこから雨が侵入して室内に垂れてくるということも十分に考えられます。地震の発生を防ぐことは出来ませんが、地震によって建物が歪んでしまう事を防ぐこと、歪んだ場所の修繕はできます。長年の経験と専門の知識があれば、地震発生時にどこから雨水が侵入してきやすいかが予測で雨漏り予防の際その力を発揮するでしょう。せりのホームサービスは知識、経験と共に優秀な会社ですので、福岡エリアのお客様からも依頼して良かったというお声をいただくことがあります。これからも雨漏り修理をしてくれる業者としての活躍が期待できる業者さんです。

福岡市の年間降水日数は?大雨による雨漏り被害について

福岡市の年間の降雨量は1700mm前後でほぼ全国平均と言えますが、年間の降雨日数は141日に及びます。春先のなたね梅雨から6月の梅雨の季節、さらに10月から11月の秋雨前線による影響です。特に梅雨の季節は梅雨前線が停滞しやすく長い雨の期間が続きます。また、台風の影響もあり豪雨に見舞われることも少なくありません。福岡市中心部は鉄筋・鉄骨造りの集合住宅が多いですが周辺部には木造家屋も多く、台風や突風を原因とした雨漏り被害も発生します。雨漏りは、天井のシミや直接水滴が落ちてくるなどすぐに確認できるものばかりではなく、少量ずつ浸み込んで柱や壁の裏側を伝い家の中に入ってくる場合もあります。家の中が常に湿気で満ちた状態になり屋根裏や、壁の裏にある電気の配線を劣化させ漏電の原因になったり、木材を腐らせカビの発生をもたらします。漏電が深刻化すると火災の原因にもなります。木材の劣化は家の構造にもダメージを与え、床が抜けたり天井が落下する場合もあり危険です。また、カビの増殖はアレルギー症状を起こしたり健康に悪い影響があります。このように、雨漏への対処が遅れるとその修理にかかる費用も多額になるばかりか資産価値の低下ももたらします。家の中にどうも湿気がこもる、カビが生えやすいなど雨漏りの疑いがある場合は、専門の業者に調査を依頼するという方法があります。福岡市にも雨漏り被害の調査や修理を行う専門業者は多数あり、その専門的な知識や経験から雨水の浸入経路や、原因箇所の特定を的確に行う事で修理や防水対策をすべき範囲を限定することができ、ひいては工事費用を抑える事が可能になります。雨漏りの修理は、屋根や壁に施しますが雨水の浸入方法は複雑で個人でコーキング材などを使用しても完全に止める事は至難の業です。止まったと思っても量が減っただけで雨の降り方によっては再発する場合も多く結局は業者に頼る事になりその間被害は拡大する事になってしまします。大切な家や、ご自身および家族の健康を守るためにも信頼できる業者に早めに相談する事をお勧めします。

雨漏り修理110番の福岡市地域における対応エリアについて

  • 福岡市東区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市南区
  • 福岡市西区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市早良区

福岡市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年02月20日
    エリア
    福岡県福岡市南区
    参考金額
    60,000円

    玄関の天井からの雨漏りでお困りのお客様からのご連絡です。雨漏りが見られた住宅は築年数が40年くらいの木造住宅で、屋根材は瓦が使われているということでした。お客様は雨漏りの原因の調査と、修理作業の見積りを依頼したいというご要望をお持ちで、見積り日程については早めの対応をご希望されており、お急ぎのご様子でした。

  • 受付日
    2015年09月07日
    エリア
    福岡県福岡市早良区
    参考金額
    91,000円

    不動産会社様からのご依頼がありました。マンションのオーナーをされているお客様の実家で雨漏りが発生したとのこと。場所は出窓の周辺になり、築年数は20年くらいになるとおっしゃいました。見積り日に関しては、日時の指定はなくいつでも構わないとおっしゃいました。

  • 受付日
    2015年09月01日
    エリア
    福岡県福岡市南区
    参考金額
    45,000円

    自宅とアパートの間の通路で雨漏りをしてしまっているので、修理をお願いしたいとのご依頼をお受けしました。自宅の2階の瓦屋根とアパートのトタン屋根の間の通路が腐食をしてしまっている状態とのこと。お客様のご自宅は木造モルタルの建物で築年数は45年だということです。見積りの希望日は、あらかじめご指定していただきました。

  • 受付日
    2015年07月22日
    エリア
    福岡県福岡市東区
    参考金額
    140,430円

    平屋となる建物にお住まいのお客様から、雨漏り修理についてご依頼がありました。お客様に詳しい状況をお伺いしたところ、6畳ほどの和室が3箇所くらい雨漏りしてしまっており、屋根の修理をお願いしたいという内容でした。お見積りの希望日程につきましては、折り返し連絡をいただきたいというご相談もありました。

  • 受付日
    2015年07月22日
    エリア
    福岡県福岡市博多区
    参考金額
    124,000円

    ビルを所有されている方から、雨漏り修理の見積り依頼が寄せられました。そのビルは築年数40年の鉄骨造で、屋根材はトタンとのこと。3階建てのビルで、その2階の天井部分と壁から雨漏りが発生しているとのことでした。具体的な見積り希望日は指定されておらず、まずは相談の上その日を決定することとなりました。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼