神奈川県対応の弊社加盟店のご紹介

DAIKEN COMPANY株式会社
DAIKEN COMPANY株式会社は、神奈川県で雨漏りの修理を行っている会社です。皆さんのお家では雨漏りが発生していませんか?お部屋の中が湿っているときは、雨漏りが発生しているサインかもしれません。そもそも、雨漏りとは瓦のずれや破損などによって起こるものですが、コンクリート製の住宅では、屋根や外壁に発生した亀裂が雨漏りの原因となります。コンクリート製の住宅では、雨水が天井からぽたぽたと落ちてくるような雨漏りは少なく、雨水が天井に染み渡り、お部屋を湿らせることが多いのです。そのため、お部屋の中で感じる湿気の多さは、雨漏りが起きていることを知る手がかりになるのですが、気づけずに見過ごしてしまうことも少なくありません。DAIKEN COMPANY株式会社では、雨漏りを修理し、皆さんが安心できるように、日々努力しています。
コムロルーフ
コムロルーフは、神奈川県の雨漏り修理で活躍している会社です。この会社の特徴は、どのような屋根のお家でも雨漏りを修理できるというところです。雨漏りと一口にいっても、その原因は多岐にわたります。お家の老朽化によって、隙間から雨水が入ってくることが多いのですが、台風などの自然現象によって瓦がずれたり、落ちてしまうことでそこが雨漏りの原因となることもあります。コムロルーフでは、培った知識と経験を活かして、お家の立地条件や形状、建てられた年数などをまず調べ、そこから雨水がどのように起きたのかをしっかりと調査してもらうことができます。雨漏りの発生に気づいたときは、被害の拡大を防ぐために、早めに雨漏り修理を行う必要があります。そのようなことをしっかり理解しているコムロルーフは迅速な対応にも力を入れてくれています。
ミホ工業株式会社
ミホ工業株式会社は、神奈川県で雨漏り修理に対応している会社です。雨漏りは急に発生してしまうことがあります。代表的なものは、台風のあとに雨漏りが発生するというものです。台風の強力な風によって、お家の屋根の瓦がずれたり、ときには落ちてしまったりすることがありますが、そこにできた隙間に雨水が浸入し、そこから雨漏りが発生してしまうというものです。雨漏りが発生してしまったときは、放っておかないようにしましょう。木造住宅には多くの木材が使われていますが、木材が雨水にさらされる状態が続いてしまうと、湿り腐ってしまいます。腐ってしまった木材があると、木材が大好物のシロアリの発生も招いてしまうので、雨漏りが起きていることを知ったら、早めに修理をしましょう。ミホ工業株式会社は、丁寧な雨漏り修理を行うため、日々頑張っている会社です。

神奈川県の年間降水量は?大雨による雨漏り被害について

神奈川県は年間降水量が1900mm程度と日本国内でも雨量が多めの地域に入り、中でも9月、10月は特に降水量が多い時期になります。これは台風の時期でもあり、雨だけでなく暴風も一緒になるため、屋根に被害が出て雨漏りのトラブルが発生することも多くなります。神奈川県のように、降水量が多く、しかも台風にも良く襲われる地域では、事前の雨漏り対策としての修理がとても重要になります。台風の時期に備えて事前に修理の必要な個所をチェックし、瓦交換などの補修や、場合によってはリフォームも含めて行うと、雨漏り被害を受ける可能性が下がります。とはいえ、必ずしも事前に修繕が出来るわけではありませんし、雨漏りが発生するまで自分の家の屋根に修理が必要だという状態に気付かないこともあります。雨漏りが実際に発生した場合には、より迅速な対処が必要とされます。この被害は、部屋に水が落ちることだけでなく、家屋に水が入り込んで材木を濡らし、カビが発生しやすい環境になってしまいます。カビは室内に嫌な臭いをまき散らしたり、カビ自体が病原菌を持って人の健康を脅かしたりすることもあります。また、シロアリもじめじめとした湿気を好むため、材木が湿った状態で放置してしまうとシロアリの大量発生などの被害も発生しやすくなります。また神奈川県は海に面しており、住んでいる地域によっては海風による塩害の可能性も出てきます。海に面した建物であれば通常は当然、塩害対策もしっかりとされています。しかし塩分が通常入り込まないはずの建物内に対しては話が別です。海風に晒される外側の部分で塩害が心配される部分は、特殊な塗料を塗るなどの対策がされていますが、当然これにはその処置をする費用がかかることもあり、海風が入り込んでこないとされる場所については処置されていないことも多いです。このような住宅の不具合は、放っておけばどんどんと被害が広がっていってしまうため、雨漏りを発見した場合には早めの修理対策が大切です。
雨漏り修理は業界の中でも、長い経験を積んで一人前になると言われていますので、個人で修理を試みるのはあまりお勧めできません。

雨漏り修理110番の神奈川県地域における対応エリアについて

  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市神奈川区
  • 横浜市西区
  • 横浜市中区
  • 横浜市南区
  • 横浜市保土ケ谷区
  • 横浜市磯子区
  • 横浜市金沢区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市戸塚区
  • 横浜市港南区
  • 横浜市旭区
  • 横浜市緑区
  • 横浜市瀬谷区
  • 横浜市栄区
  • 横浜市泉区
  • 横浜市青葉区
  • 横浜市都筑区
  • 川崎市川崎区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市中原区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市麻生区
  • 相模原市緑区
  • 相模原市中央区
  • 相模原市南区
  • 横須賀市
  • 平塚市
  • 鎌倉市
  • 藤沢市
  • 小田原市
  • 茅ヶ崎市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 秦野市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 南足柄市
  • 綾瀬市

神奈川県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年05月08日
    エリア
    神奈川県平塚市
    参考金額
    69,444円

    賃貸住宅の大家様より、無料現地調査をしてほしいとのご連絡をいただきました。対象となる建物は、築年数30年以上になる平屋の戸建住宅で、雨漏りが起きているので、調べて直してほしいとのご要望でした。お見積りの日程につきましては、相談して決めたいと決めかめているご様子でした。

  • 受付日
    2016年04月07日
    エリア
    神奈川県平塚市
    参考金額
    46,296円

    屋根裏部屋にある天窓から雨漏りが起きているため、無料現地調査をお願いしたいとのご依頼が寄せられました。天窓はユニット式とのことで、風が無い時には雨漏りは起こらず、南方よりの風がある時に雨漏りが起きてしまうとのことでした。お客様のご自宅は木造2階建てとなっており、築年数は20年、屋根材は薄い板のようなものだとお伝えいただきました。お見積り希望日は相談の上決めていきたいとのことでした。

  • 受付日
    2016年03月31日
    エリア
    神奈川県藤沢市
    参考金額
    27,800円

    築20年ほどのスレート瓦を使用した木造2階建てのご自宅にて、雨漏りが発生したとお客様からご相談が寄せられました。お話によりますと、屋根の鉄板に隙間が空いてしまったようなので、そこを修理してほしいとのことでした。お見積りのお日にちは指定されておられず、自分の予定を見ながら決めていきたいので、後で相談しながら日にちを決めたいとのことでした。

  • 受付日
    2016年02月19日
    エリア
    神奈川県愛甲郡愛川町
    参考金額
    37,038円

    工場での雨漏り調査、修理の見積りに関するお問い合わせがありました。工場は貸しているらしく大家をされている方からのご相談となります。雨漏り発生場所が不明のため、調査をお願いしたいという内容で、築年数は25年、屋根材は金属、壁はガルバリウムとのことでした。また、雨漏り修理の費用についても知りたいということで見積りを希望されました。調査、見積り日時については平日で対応してほしいというご要望がありました。

  • 受付日
    2016年02月14日
    エリア
    神奈川県海老名市
    参考金額
    138,889円

    2階のベランダから雨漏りが起きているため、無料で見積りをとってほしいというお問い合わせがありました。雨漏りをしているのは木造の戸建住宅で、築年数は30年近くとのことでした。屋根材をお伺いしたところ、種類が分からないため不明とお伝えいただきました。お見積り希望日は指定の日程で相談していきたいとご希望でした。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼