松江市対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社SB工業
有限会社SB工業は松江で雨漏り修理を対応している会社です。雨漏り修理に必要な技術は何かごぞんじでしょうか。それはどれだけ丁寧に穴や裂け目を修理するかという技術ではなく、どこから雨漏りが発生しているかを突き止める能力です。雨漏り被害は天井や壁に現れますが、どこから水が滴っているのかはすぐには分かりません。単純に屋根から来たと考えても、広い屋根のどこに穴が開いているのかを探す能力が必要です。そのためには家の構造について熟知していることと、そこで作業をしてきた経験が重要な役目を果たします。家の梁や柱のどこをどう通って水が入ってきたのかが分かれば、水の入り口も分かるようになるからです。小さな穴からでも水は入ってくるので、目視で探すのは至難の業ですが、このように筋道を立てて調べれば分かりやすくなります。有限会社SB工業はその対応ができる業者ですので、雨漏りが起きた際には頼りにする業者の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

松江市の年間降水日数は?大雨による雨漏り被害について

松江市の年間降水量は115日で、約3日に1度は雨が降っている計算となります。松江市は日本海側気候で、冬場に雨や雪が降ることが多い事が特徴です。周囲の環境から、気温が比較的高い地域でもあるため、降雪量が少なく、そのため、松江市は大雨による被害が特に多いと言えます。また、松江市では雪が溶けるのも早い地域です。そのため、屋根だけでなく、外壁や塗装なども水による被害を受けてしまいます、特に、雨漏りはその最も大きなもので、建物全体の老朽化に繋がるものです。老朽化した建物は、さらに大規模な雨漏りが多発するようになり、カビや漏電、シロアリ被害など数多くのトラブルを抱えてしまうようになるでしょう。そして、それを放置しておくことにより、建物の資産価値を下げる結果となってしまいます。住宅の売買において、建物の価値は非常に重要な物ですから、出来るだけ修理を行う事でその価値を下げないように注意する必要があります。特に、古い建物の場合は注意が必要です。新築物件では新しい技術によって雨漏り対策となる屋根の構造を用意している場合も多いのですが、古い建物ではそれがなされていない傾向にあります。また、老朽化もある程度進んでいる状態であるため、大雨に弱く、一度雨漏りが発生してしまえば、その後の被害の進行が非常に早くなってしまいます。そういった理由から、雨漏りの被害が発生した場合、出来るだけ早急に原因の調査、問題点の修理を行う必要があります。そして、そのためには早い段階で兆候に気付くことが重要です。建物の全体を見て、破損している個所があれば早めに修理する事が必要となるでしょう。また、天井や壁のシミがある場合や、屋内から水滴の落下音がしたり、雨が降った後にカビ臭くなるなどの問題が発生していたならば、それは雨漏りによるものである可能性が高いと言えます。これらの状態は雨漏りが悪化している場合に発生するため、早期の解決を行う必要があります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼