三重県対応の弊社加盟店のご紹介

SOS
SOSは雨漏りトラブルから多くのお客様をお助けしてきた経験と実績を持つ企業です。雨漏りには様々な原因があります。施工の段階で誤りがあり雨漏りをしてしまうという例もあれば、経年劣化により雨漏りにが発生する場合もあります。雨漏りには応急処置の方法がいくつかあります。ブルーシートを敷いて屋根全体を覆ったり、コーキング剤を使用することによってヒビ割れ部分を修繕するといった方法です。しかしこれらが効果を発揮するのは一時的で、雨漏りが1箇所発生していたら、他の部分も雨漏りしてしまう恐れがあるということです。大切なのは定期的にメンテナンスを行い、一度雨漏りしてしまった箇所を発見したら他の部分もしっかりチェックし、大きな被害を未然に防ぐということです。SOSはメンテナンスはもちろん、急な雨漏り修理にもしっかりとご対応してくれます
屋根と住まいの工房
屋根と住まいの工房は、雨漏りなどの住宅トラブルにお客様の立場に立って対応し続けてきた信頼ある企業です。雨漏りは住まいに様々な被害をもたらします。例えば湿気によるカビの発生です。風通しの悪い場合などで雨漏りがあるとカビが発生しやすくなり、壁紙などにもびっしりとカビが付いてしまうことがあります。ひどい場合はきのこが生えてきてしまったという例もあります。雨漏りはクギを打った後のように非常に小さな穴からも入り込んでくることがあります。一刻も早く雨漏りの被害を食い止めるようにしたいものですが、そんな時は屋根と住まいの工房が強い味方になってくれます。雨漏りが起こると被害の状況がどの程度進行しているのかなど、色々と心配になってしまう方も多い中、屋根と住まいの工房はお客様の立場に立って施工し続けているので、お客様から厚い信頼を得ています。
株式会社フイリング
株式会社フイリングは地域社会に貢献し、雨漏りにまつわるあらゆる問題に対処し続けてきた企業です。日本の屋根は古来から瓦屋根が主流です。日本の気候風土にマッチしており、丈夫で長持ちするというのが瓦屋根のメリットですが、だからと言って永遠に住宅を守り続ける能力は瓦屋根にはありません。台風などで強い風や雨に打たれることで、しっかり設置された瓦屋根が吹き飛んでしまうこともあります。瓦屋根の雨漏り被害に多いのは瓦がズレたりヒビ割れたりすることで、そこに雨水が染みこんでしまうというケースです。いくら丈夫な瓦屋根でも、定期的にメンテナンスを行わなくてはならないのです。このようなメンテナンスなどにも株式会社フイリングはしっかりと対応してくれます。メンテナンスだけでななく、修理のご相談まで幅広く行いお客様の信頼を得てきていますので、安心してお任せ頂けます。

三重県の年間降水量は?大雨による雨漏り被害について

三重県は年間降水量が1600ミリほどとなっており、数字の上では全国的な平均と言えます。しかし三重県の南部は台風が直撃しやすい地域であり、一方、三重県の北部は冬季になると局地的な大雪が発生する場合もあります。三重県は南北に長い県域を有しており、それぞれの地域によって気候は変化に富んでいて、地域によっては非常に降水量が多い場所もあります。特に奈良県との県境にある大台ケ原山近辺は、日本でも有数の降水量で知られています。こうした地域では、降水量が多い分雨漏りには十分注意しなければなりません。雨漏りの原因には様々なものがあって、屋根や外壁が経年劣化したことによって起きる場合と、施工の不備などによって起きる場合など原因は様々です。施行の不備は論外として、経年劣化による雨漏りというのは致し方ない部分もあります。屋根材や外壁というのは常に雨や日光にさらされており、夏の暑さや冬の寒さにも直接さらされます。かなり過酷な環境におかれていると言えます。もちろんそうした環境にさらされるのが前提に強固な資材が用いられていますし、強固な施工もされています。しかしそれでも長年使用していれば、どうしても劣化はしてしまいます。そうして劣化してひび割れたり、隙間が出来たりした部分から雨水が浸入して、雨漏りとなります。なるべくならそうなる前に定期的に修理をする事が求められているのですが、なってしまった場合にはいち早く業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。雨漏りをそのままにしておくのは、大変危険です。建物の内部に浸入してきた雨水によって、柱や壁が腐食してしまう可能性が高まります。そうなると様々な被害が発生しますが、シロアリによる被害もその一つです。シロアリは湿気の多い空間を好みますが、特に湿った木材を好みます。そんなシロアリにとって、腐食した柱や壁は格好の住処になり、食材になってしまうのです。深刻な被害になると、構造的なダメージによって、家を建て替えなければならないほどです。シロアリによる被害は修理レベルでは済まない、大規模な問題に発生しかねないので注意が必要です。単なる雨漏りだと油断しないで、すぐに修理するようにしましょう。

雨漏り修理110番の三重県地域における対応エリアについて

  • 津市
  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 松阪市
  • 桑名市
  • 鈴鹿市
  • 名張市
  • 尾鷲市
  • 亀山市
  • 鳥羽市
  • 熊野市
  • いなべ市
  • 志摩市
  • 伊賀市

三重県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年09月14日
    エリア
    三重県志摩市
    参考金額
    50,000円

    雨漏りの修理に関するご相談がありました。雨漏りが発生したこちらのお客様のご自宅は築年数30年の木造の戸建住宅で、瓦の境目から雨水が漏れている状況とのことでした。雨漏り修理のお見積りの日時は、お客様からご希望が寄せられました。

  • 受付日
    2015年09月05日
    エリア
    三重県名張市
    参考金額
    69,444円

    雨漏りにお困りのお客様から、お見積りのご連絡をいただきました。夏に外壁塗装を依頼した後に雨漏りが発生するようになったとのことで、1階リビングやサッシ脇から漏れているとお伝えくださりました。見積りの日程は相談の上決めたいとおっしゃいました。木造戸建住宅、コンクリート瓦を使用されているお客様からのご連絡でした。

  • 受付日
    2015年08月27日
    エリア
    三重県亀山市
    参考金額
    101,851円

    雨漏り修理をご希望のお客様からのお問い合わせをいただきました。お客様のご自宅は築27年になる2階建ての戸建住宅、建材は木造で屋根は瓦造りとのこと。2階にある屋根部分から雨漏りが起きているご様子で、お客様は被害を受けた場所と原因となる場所の雨漏り修理を希望されておりました。

  • 受付日
    2015年07月10日
    エリア
    三重県亀山市
    参考金額
    68,519円

    天井にある柱にシミができているとのことで、雨漏り修理と見積りをお願いしたいとの内容でお問い合わせをいただきました。お客様によると、雨漏りは壁側に発生しているので、外壁が原因ではないかとのことでした。折り返しの電話は、指定の日時までに必ずお願いしたいと希望されていました。

  • 受付日
    2015年02月16日
    エリア
    三重県伊賀市
    参考金額
    90,741円

    雨漏りの応急処置に関する料金説明をお求めのお客様から、お電話を頂戴いたしました。お客様が希望されたのは古くからある空き家になり、瓦屋根から雨漏りが発生しているとのことでした。もし、応急処置として瓦屋根の上でブルーシート工事を施した場合、平米価格はどのくらいになるのか知りたいので、説明してほしいと希望されました。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼