最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

「すが漏れ」にご注意ください

すが漏れ、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?北海道の方言で「すが」は「氷」を刺す言葉だそうです。
すが漏れの正体は、屋根の上に積もった雪が、氷になってしまった時に発生する雨漏りの事です。
メカニズムとしては
1.屋根の上に雪が積もる
2.積もった雪が氷の塊となる
3.氷の塊が雨樋を塞ぐ
4.屋根の熱で暖められた雪が溶ける
5.雨樋が氷の塊で塞がっており、行き場のない雪解け水が、屋根の隙間から浸入する
というのが一般的なすが漏れです。
すが漏れは、普段の雨では雨漏りしないのに、屋根に雪が長期間に渡って降り積もる時に発生しやすいものです。
しかし、屋根の隙間に雪解け水が入り込んでも、屋根のすぐ下に防水ルーフィングが施されているのが一般的な構造なので、この部分で防げる場合もあるようです。しかし防水ルーフィングの耐用年数は、屋根材そのものよりも短いことが多いので、思いもよらない場所にひび割れや穴が開いている事が考えられます。
本来すが漏れは北海道を始めとする豪雪地帯で起きやすい現象ですが、寒波が到来した、普段雪に慣れていない関東以南の都市部にお住まいの方も、雪が降った時に雨漏りしてしないかどうか、注意しておくことが必要かもしれません。
万が一雨漏りの箇所を見つけたら、早めに雨漏り修理について当サイトまでご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼