最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

そのままにせず速やかに修理しましょう

住まいに深刻な被害をもたらす雨漏り。住宅にダメージを与えるだけでなく、そこで暮らす人にとっても大きなストレスとなることでしょう。今回は、厄介な雨漏りがどうやって起こるのかについて、いくつか原因を紹介していきましょう。まず雨漏りの原因として多いものは、屋根の棟板金やスレートに浮きがある、コーキングが剥がれている、スレートにひび割れがある、などが挙げられます。また、突風や強風、また暴風雨などにさらされることにより、屋根の棟板金や釘が浮いてきた、スレートが割れた、漆喰が崩れてきたなどの屋根の傷みが雨漏りの原因となる場合もあります。さらに、屋根材の錆びや塗装の剥がれなど、経年劣化で雨漏りが生じることもありますので、注意が必要です。一般的には、屋根の耐用年数は20年から30年とされています。突然の雨漏りを防ぐためにも、屋根のメンテナンスは定期的にしておくことが大切です。また、地震が来てから雨漏りするようになったという場合も、修理や点検をすみやかに行うことをおすすめします。雨漏りは進行すればするほど修理費用も高額になる場合が多いので、見つけ次第、できるだけ早めに点検や修理を検討するようにしましょう。雨が多くなる季節がやってくる前に、メンテナンスを済ませておきたいですね。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼