最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

どうやって雨漏りを見つけるのか

ポタポタと天井から水が垂れてくる雨漏りですが、この原因を見つけるのは難しい場合があります。湿っている天井の真上が雨漏りの原因ではと思われるかもしれませんが、実際には違う場合があるのです。天井裏には多くの梁があります。湿っている部分の真上の屋根ではなく、別のところから雨漏りが起きてその梁を伝って水が落ちるということもあるのです。その場合は水が移動したルートを辿らないといけません。実際に雨漏り修理に携わる業者は、目視でどこかを当てることも可能です。それだけ雨漏り修理の経験を積んできています。しかし、他にも雨漏りの原因を調べる方法はあります。散水試験と呼ばれる方法は、名前の通り水を撒いてそこから雨漏りをしているかどうかを見つける方法です。撒いた時に雨漏りが起これば、そこが雨漏りの原因となります。この散水する水に蛍光塗料などを混ぜ、光で雨漏りの道筋が分かるようにした試験を行えばより正確に雨漏りの原因や水の移動が分かるようになっているのです。より高度な試験ですと、赤外線カメラを使用したものも使われます。雨漏りによって木材に温度差が現れますので、それで雨漏りの状態を調べるのです。このように雨漏りの原因を調べる際には業者の技術を信頼した目視から、赤外線カメラを利用したものまであります。どれを使うかは状況によって変わってきますので、より精度の高い方法で調査をするのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼