最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

カバー工法はおすすめなのか

雨漏り修理の方法はいくつもあります。部分的にコーキングを充填することもあれば、漆喰を塗り込んだり、屋根全体の葺き替え工事を行ったりすることもあります。それ以外には「カバー工法」という方法もあります。「重ね葺き」とも呼ばれるカバー工法は、既存の屋根はそのままに、その上に新しい屋根を載せる工法の事を言います。時におすすめされることもあるカバー工法ですが、その特徴を見ていきます。

カバー工法の一番のメリットは、屋根の解体が必要ないという点でしょう。解体しないということは、解体費用や廃棄物の処分費用がかからないということなので、安価で雨漏り修理を行う事ができます。また、工期も短く済みますし、短期間で完了するため生活への影響も最小限で済むというメリットもあります。「手軽に雨漏り修理したい」という場合には、カバー工法は適しているのかもしれません。
ただし、デメリットもあることを忘れてはいけません。カバー工法の場合屋根が二重になってしまいますので、それだけ屋根が重くなってしまいます。そうなりますと建物の重心が上に行くため、自身の際には揺れやすく、耐震性が落ちるとも言われています。また、既存の屋根が瓦屋根の場合はカバー工法は向きませんし、屋根が劣化している場合には補修も行わなければいけません。このような屋根の場合、葺き替え工事をされるのがよろしいでしょう。

必ずしも、カバー工法がおすすめできるというわけではありません。もちろん、他の雨漏り修理の方法にも一長一短があります。どのような施工を行うのかについては、ご自身の要望を雨漏り修理業者に伝えながら、よくご相談されることをおすすめいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼