最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

丈夫な瓦屋根も雨漏りは発生します

金属屋根にスレート屋根にと、屋根の選択肢はいくつかあります。それぞれに良いところと悪いところとがありますので、それぞれの特徴を良く把握しておくとよいでしょう。そんな屋根の中でも、特に耐久性が高い事で有名なのが「瓦屋根」です。一般的には粘土を原料にした瓦で、和風建築にも広く利用されてきました。見た目の通り頑丈でメンテナンスもほとんど必要ないと頼りになる瓦屋根ですが、それでも雨漏りが発生する事はあります。それでは、どのような理由から雨漏りが発生してしまうのでしょうか。
まず、瓦の破損が挙げられます。頑丈な瓦ですが、飛散物などがぶつかりますと割れてしまうことがあります。そうなりますと、生じた亀裂から雨水が浸入してしまうのです。また、漆喰の劣化も大きな原因です。漆喰は瓦の接着や固定に使用されるものですが、風雨や直射日光の影響によって崩れてしまう事があります。そうなりますと漆喰の隙間から雨水が入ったり、瓦がズレたりしてしまいます。頑丈な瓦屋根にも、このような弱点があるのです。
ちょっとした原因ならコーキング材で亀裂を塞いだり、漆喰を詰め直したりするだけで雨漏りは改善されます。しかし、時には棟瓦の積みなおしや、葺き替え工事といった大規模な工事が必要になる事もあります。こうなりますと専門的な技術が必要になりますので、素人の方が行うのはほぼ不可能でしょう。まだ雨漏りが発生していなくても、一度雨漏り修理のプロに点検を依頼してみてはいかがでしょうか。そして雨漏りの兆候が診られた場合、そのまま雨漏り修理を依頼しておくと安心でしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼