最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

侵入口と出口を塞ぐのが大事

雨が建物の屋根や壁などを経由して建物内部に侵入することを雨漏りといいます。自宅が雨漏りして雨漏り修理をしたにも関わらず、また雨漏りしてきたという経験はありませんか?この場合、雨水の侵入口か出口だけを塞いだだけの修理で終わっている可能性があります。建物の屋根や壁は二重構造になっており「雨水ができるだけ侵入しないよう水の入口を少なく、小さくする」「もし雨水が侵入してきたとしても溜め込まずに出口から排出する」という概念が合わさって成り立っています。これを理解しないで雨漏り修理をすると、雨水の侵入口か出口のどちらかだけを塞ぐだけで終わってしまいます。侵入口が一箇所だけでなく複数ある場合は、全ての侵入口を塞がなくてはなりませんし、もし雨水を排出する出口が詰まっていたりして塞がっていれば、侵入した雨水は建物内部に溜まってしまい、屋根や壁などに染みこんでシミができたりクロスが剥がれてしまったり、湿気によってカビが発生しやすくなります。雨漏り修理をする際は、雨水がどこから侵入していて、どこに排出されているのかを、細かく点検して修理をしましょう。ご自分では判断できない、どのように修理すればいいのかわからないという方は早めに業者に相談して対処しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼