最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

冬のすが漏れ

これまで雨漏りしたことがなくても、冬には注意しなければいけないことがあります。それは、すが漏れの危険性です。 普段は屋根の勾配で雨水が下に流れても、雪は落ちずに屋根に積もります。冬によく見る光景です。 そして冬は室内を暖かくしているので、暖まった空気が屋根にまで伝わってそこに接している雪を解かします。昼の暖かさも雪を解かします。 解けた雪は水となって流れ、夜の寒さにより軒先で凍ってつららになります。こちらも冬によく見られる光景です。 このつらら、つまり氷がすが漏れの原因になります。「すが」は東北の方言で「氷」という意味なのです。 こうして解けた水が凍ってできた氷が屋根の端から端まで広がってしまうと、まだ屋根に残っている雪から解けた水がここでせき止められて溜まってしまいます。 この行き場のなくなった水が、屋根の隙間を通って家の中に漏れるのです。 これをすが漏れと言います。 外壁から室内に起こり、床とか壁が水に濡れて被害を受けます。シミや建材の腐敗を起こします。元々ある屋根の損傷や雪の重みで屋根が歪んだことが水の漏れる理由です。 屋根が剥がれたり、穴が開いていたりするといった理由だけではないので、屋根に積もる雪には注意をしましょう。 もし雪が積もり、水が漏れていることが分かればお気軽に当サイトにご相談下さい。その前に屋根の点検も相談してみましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼