最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

冬特有の雨漏り

近年夏場の酷暑が話題となり、秋がなくてそのまま冬に突入してしまうような感覚もありますが、相変わらず日本の冬はなかなか厳しいものです。特に東北地方の冬は長く厳しいものと昔から言われていますが、実はそういう土地だからこそ、冬特有の雨漏りがあるということをご存知でしょうか。 【すが漏れ】というものですが、「すが」は東北地方の言葉だと「氷」を意味するもので、氷が関係する雨漏りだということが分かります。 すが漏れの仕組みは普通の雨漏りと違います。 雨漏りと言うと、屋根の上に降った雨水がそのまま浸入してくるように思いますが、すが漏れの場合は、少し仕組みが複雑です。 屋根の上に降り積もった雪は、溶けたり凍結したりを繰り返しながら、やがて氷へと変化していきます。この氷は中々溶けないまま屋根の上に固着してしまいます。この氷が塊となって、後から降ってきた雪をせき止めてしまい、屋根に伝わる室内の熱気で溶けた雪は、いつまでも同じ場所にとどまってしまい、これが屋根の瓦の隙間や、軒先の雨仕舞いの甘いところなどを浸入して、雨漏りを引き起こすのです。 すが漏れも雨漏り同様に、様々な被害をもたらしますから、お早めにご相談頂く事をおすすめします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼