最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

劣化による雨漏り

台風などが発生すると、その損傷によって雨漏りが発生することがあります。屋根瓦が飛んでしまったり、ずれてしまったりすることで家の中に雨水が侵入するのです。しかし、そういった強い雨でなくとも雨漏りが発生することがあります。家の劣化によってそれは発生しますので、外壁や屋根のメンテナンスは定期的にしてあげましょう。外壁の場合は防水用の塗装が剥がれてしまったり、素材の隙間を埋めているシーリング材が劣化してしまうことによってひび割れが発生し、そういったところから雨水が入り込んでしまうのです。屋根の場合は損傷などに気がつかないということがあります。この点は外壁でも同じですが、私たちの目が届かないような高い位置に損傷があった場合にはどうしても気づくのが遅れてしまいます。しかし、こうした劣化に気をつけてあげると、雨漏りを発生させることもないのではないでしょうか。雨漏りを事前に防ぐためにも定期的に外壁や屋根のチェックをしてあげましょう。屋根も外壁もそれぞれ平均的に寿命が10年ほどで、10年を超えると劣化の一途をたどっていきますので、もし10年を超えるような屋根や外壁があるのでしたら一度チェックを検討されてみてはいかがでしょうか。雨漏りの調査ではそういった点もしっかり確認しますので、心配でしたら業者に見てもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼