最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

原因を知ることで早期発見につなげる

基本的に雨漏りというのは、家の中に徐々に浸透していくものです。なので、屋根からポタポタと水が落ちてくる頃には屋根裏にはかなりの量の水が浸透していると考えられます。これまでの記事でも紹介しているかもしれませんが、雨漏りというのは早く発見する事が出きれば、被害も小さくて済むものなのです。そこで、今回は雨漏りが起こってしまう原因について少し紹介したいと思います。原因を知ることにより怪しい場所を発見することもできるので、早期発見につながるかもしれません。 基本的に雨漏りというのは屋根や壁に水が侵入する隙間が出来てしまうことにより発生します。なので、スレートや板金といった屋根材の浮きやひび割れコーキングの剥がれなどが主な原因です。また、瓦屋根の場合は瓦のズレやひび割れが雨漏りの原因になってしまいます。あなたのおうちにこれらの症状が該当する場合、雨漏りをしているかもしれません。例え今はしていなくても、今後の起こる可能性のある雨漏り予備軍ですので、早急に対処する必要があるでしょう。しかし、雨漏り原因の究明は熟練した経験と知識が必要だと言われているのが雨漏り業界です。現在の正確な状況を知りたいと思った時には一度プロの業者さんに調査をしてもらうのがおすすめです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼