最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

台風シーズンも終わりが近づいています

台風により強風と大雨は、雨漏りを起こす原因の代表格です。強風により屋根瓦が飛ばされたり、屋根そのものが破壊されると雨漏りが始まってしまいます。また、強風により換気口やエアコンの配管の接続部と、建物の継ぎ目の部分に雨が辺り、そこから雨漏りが始まる場合があります。外壁にヒビや隙間があると、強風により横殴りの雨となった場合、そこから雨漏りが始まることもあるようです。 台風は8月頃がピークで、9月を過ぎると日本に近づいてくる台風の数は大幅に減ります。そろそろ台風シーズンも終わりに近づいているのですが、雨漏りに関する警戒は、1年通して必要です。特に、秋の長雨という言葉の通り、季節の変わり目である秋は、大雨が降ることもありますので油断は出来ません。 雨漏りは、目に見えるところで起きることもありますし、あるいは目には見えない、壁の中や屋根裏だけで起こることもあるため、僅かな釣行を見逃さずに、必要であれば業者に依頼して、より細かく点検をしてもらうことが必要になります。 雨漏り修理については、私達雨漏り修理110番にご相談頂ければ、年中無休、24時間お電話によるご相談を受け付けていますので、お気軽にお電話ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼