最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

外壁からの雨漏り

雨漏りはするが屋根や天井には問題がない。雨漏りといえば屋根から雨が染みこんでくるという印象がありますが、実は外壁からも雨漏りする場合があるのです。 今回は、外壁からの雨漏りについて紹介したいと思います。 壁から雨漏りをすると気付いた時には修理が遅れる場合もあるので注意したいことです。 まず原因ですが、主に建物の老朽化が挙げられます。 外壁は外壁材で防水がされています。これが劣化すると防水能力が低下し、雨漏りがしやすくなるのです。 そしてこの外壁材と外壁材を繋いでいるシーリング材の劣化も壁からの雨漏りの原因になります。継ぎ目や隙間を埋め、建物の防水性や気密性を保つためのペースト状の建材です。 これを建材同士の隙間に充填します。すると柔らかいゴムのようになり、外壁材の隙間を埋めることができるのです。 このシーリング材が劣化などによりヒビ割れてしまうと、そこから雨水が入ってきます。シーリング材の部分は小さな箇所ですが、例え1ミリの隙間からでも雨が入ってきてしまうので小さな傷でも安心はできません。 ここが外壁の雨漏りが気付きにくい理由で、原因がこういった小さな部分である可能性があるからです。 シーリング材の寿命は大よそ10年だと言われています。 もし築10年以上の建物の場合は、一度壁からの雨漏りについて考えたほうが良いかもしれません。 自分で調べてみるのも1つの手段ですが、業者に相談するのもそうです。 その時は是非当サイトをご利用下さい。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼