最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

天窓が設置されている屋根は雨漏りしやすい!?

天窓(トップライト)は多くのメリットがありますが、コーキングの劣化や施工不良が起きやすく、実は雨漏りしやすくなるとも言われています。そのため、天窓をご利用されている方は雨漏りの発生に一層注意されたほうがよろしいでしょう。
天窓には、採光性に優れる・通気性に優れる・空が見える事による開放感などを得られますので、ご家庭や公共施設などにも利用されている天窓ですが、雨漏りが発生してしまっては一大事です。万が一発生してしまった際には、すぐに雨漏り修理するようにしましょう。



天窓が雨漏りしやすい理由



天窓が雨漏りしやすい理由として、以下の原因が考えられます。いずれも通常の屋根では発生しないことですので、天窓の状態は逐一チェックしておくようにしたほうがよろしいでしょう。

・コーキングの劣化

天窓からの雨漏りの原因はいくつかあります。その中でも大半を占めるのが、コーキングの劣化による雨漏りです。コーキングとは、気密性や防水性を保つために充填される材料の事を言います。コーキングは接着剤に使用される事もあれば、目地に充填して空気や水の流れを遮るのにも役立ちます。
天窓にもコーキングが利用されていますが、経年劣化によって穴が開き、そこから雨水が侵入してきます。

・施工不良

古い天窓は専門業者ではなく、大工の方が設置を行っていました。そのため雨水の流れや雨漏り対策のことを考えられていない天窓が多く、そのような古い天窓は構造の面から雨漏りが発生しやすいのです。
ただし、これに関しては天窓の高品質化と施工品質の向上によって改善されてきていますので、近年の天窓はおよそ30年長持ちすると言われています。

・天窓の破損

天窓に使用されているガラスは、瓦やスレートなどの屋根材と比較しますと脆い素材です。もしもガラスが割れていますとそこから雨漏りしますので、ガラス交換が必要になります。


雨漏り修理の方法



以上のように、天窓は幾つもの原因によって雨漏りしやすい構造になっています。もしも天窓から雨漏りが発生してしまった場合、以下のようにして雨漏り修理を行う事になります。

・コーキングの充填

コーキングの劣化が大半の理由と記しましたが、その場合コーキングを補修することによって雨漏りを止める事ができます。天窓の雨漏り修理としては最も簡単な方法ですが、それでも技術が必要になる上に高所作業ですので、安易に手を出すのは避けましょう。

・下葺き材・雨仕舞板金の交換

コーキングに問題が無かった場合、下葺き材と雨仕舞板金に以上が見られる事が多いです。この場合、下葺き材と雨仕舞板金を交換します。屋根全体を葺き替えるより施工期間も費用も削減して行う事ができますが、その反面、高い技術が要求されるため雨漏りが再発しやすいという欠点もあります。

・葺き替え工事

屋根全体を交換する施工です。天窓も他の屋根材も全て一から施工し直しますので、最も確実な雨漏り修理の方法と言えます。

・天窓を塞ぐ

高品質化している天窓とは言え、通常の屋根と比較して雨漏りしやすい点は変わりません。そのため、将来のメンテナンスの手間を無くすために天窓を塞いでしまうという方法もあります。


まとめ



天窓一つでも、その雨漏りの原因と雨漏り修理の方法はいくつも考えられます。場合によっては、結露の発生を雨漏りと勘違いしてしまうこともあるようです。
天窓の雨漏りの原因特定、そして雨漏り修理を行うのなら、雨漏り修理のプロにおまかせください。通常の屋根だけでなく天窓や外壁などの雨漏りにも対応してくれますので、お困りの際にはすぐにご相談されることをおすすめいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼