最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

家に大きなダメージを与える雨漏り被害

梅雨の時期が到来し、雨の日も多いこの頃。雨が続くうちに、前から雨漏りは気になっていたけれど、最近は特に被害が大きく感じる。今まで気づかなかったけれど、実はうちも雨漏りしていた。そのような方もいらっしゃるかもしれません。雨漏りはたとえ被害が小さい用に見えても、早め早めに修理することが重要です。なぜなら、放置するほどに雨漏りによる二次被害へと被害が広がっていくからです。では、雨漏りの二次被害にはどのようなものがあるのでしょうか。 まず、代表的な二次被害には天井や壁へのシミがあります。特に壁に雨漏りによる水滴がつたっていくと、壁のクロスにシミを作るだけではなく、剥がれの原因にもなります。そのような環境下では、クロスと壁の間に水分が多くなるため、高温多湿の環境が形成されます。そうするとカビが繁殖したり、そのカビを好物とするダニが発生したりする可能性も考えられます。また、高温多湿の環境を好むのは、木材腐朽菌も同じ。この菌は、家の構造体によく使われる木材にダメージを与えます。さらに、ダメージを受けた木材はシロアリの格好の餌。シロアリを呼び寄せることで、家のダメージはますます大きなものになってしまいます。 このような雨漏りによる被害を拡大させないためにも、雨漏りに気づいたら早めの雨漏り修理をご依頼ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼