最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

屋根と壁からの雨漏り

全国各地で梅雨入りが報告される今の時期、雨に対する備えは十分に行っておいた方が良いでしょう。たかが雨と侮っていてはいけません。高い湿度や漏水は、私たちの生活を徐々に侵食していくのですから。雨漏りも、雨による被害の代表的なものと言えます。雨漏りというと、したたる水滴をバケツや食器などで受け止めるシーンが印象的ですよね。ある意味ほほえましい光景かもしれませんが、実際はもっと深刻にとらえなければいけないトラブルなのです。そのまま放置すればシミやカビが発生するだけでなく、漏電による火災や建材の劣化を早めてしまうのです。そんな厄介な雨漏りは、いったいどこからやって来るのでしょうか。
多くの人は、屋根からの雨漏りを考えられるかもしれません。実際に、それは正解です。屋根には瓦などがあり、長期間にわたって風雨から建築物を守ってくれます。しかし過酷な環境下にあることから、経年劣化は避けられません。老朽化により瓦のズレ・割れ・防水シートの劣化などが進行すれば、雨漏りの発生につながります。さらに屋根からだけでなく、外壁からも雨漏りは発生するのです。壁面やシーリングにひび割れが入っている場合は特に要注意で、既に雨水が侵入している恐れもあります。
きちんと施工された建築物なら、数年で雨漏りが発生することは滅多にありません。しかし逆に言えば、10年20年と経過した建築物は雨漏りのリスクが高まっているということになるのです。屋根や外壁は普段のチェックが難しく、被害に遭って初めてその不具合を知るというケースも少なくありません。被害に遭う前から、定期的に業者に点検を依頼するのが安心でしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼