最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

屋根のこんな場所が雨漏りしやすい

近年、日本では温暖化の影響もあり夏場のゲリラ豪雨が全国的に頻発しています。通常の雨より激しい降雨量となるこのような雨の場合、普段は発生しない雨漏りが起きてしまうことも。雨漏りは屋根の小さなすき間や穴から雨水が侵入してくることで起こりますが、屋根のどういった部分から雨漏りしやすいのでしょう。いくつかご紹介いたします。1つは棟板金と屋根部分のすき間やクギ浮き部分からです。金属部分である板金が次第に変形することで雨水が侵入します。2つ目はスレート屋根のヒビ割れです。スレート屋根は平らな板状の屋根材を敷き詰めてありますので、何らかの原因でヒビが入ると雨漏りにつながります。3つめは漆喰の崩れです。本瓦屋根ですと全体的に漆喰が使用されていますがこれも時間の経過で劣化し崩れてきます。4つ目は瓦のずれた部分です。頑丈な瓦屋根ですが、ずれてしまうと雨を防ぐ役割を果たせなくなります。その他屋根本体以外にもベランダや天窓も雨漏りが多く発生する場所です。屋根材として使用されている材料にもよりますが、多くの場合経年劣化により屋根材や接続部分が変形、ヒビが入るなどの理由から雨漏りが起こります。屋根全体が劣化している場合には屋根の葺き替えを行ったほうが安心です。雨漏りの原因は住宅によってそれぞれ違いますので、まずは調査をすることが必要になります。屋根にご自分で登ると瓦の破損など被害をさらに大きくしてしまうことがありますので、修理業者にお任せしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼