最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

屋根の構造とは

なぜ、雨漏りは発生するのでしょうか?雨漏りの原因は、屋根材の老朽化や破損だと思われがちです。しかし実際の原因は、屋根材の下にある「ルーフィング」と呼ばれる防水建材にある場合がほとんどです。私達の住居を雨や雨漏りから守ってくれる屋根。そもそもどのような構造になっているのでしょうか? 瓦やスレート板などの屋根材の下には、屋根構造の基礎となる「垂木」「野地板」「ルーフィング」があります。まず「垂木」ですが、これは屋根に傾斜をつけるための長い角木材です。屋根の一番高い所にあたる棟木から軒下にかけて等間隔に取りつけられます。「野地板」とは、垂木の上に取り付けられる板状の建材であり、これは屋根を葺くための下地になる板です。「ルーフィング」はこの野地板の上に取り付けられ、雨漏り防止を目的とした野地板の上に敷く防水建材です。一番多く普及しているのが「アスファルトルーフィング」というもので、これは防水性を高めるために防水建材にアスファルトを染み込ませてあります。瓦などの屋根材は、このルーフィングの上から葺かれます。 もちろん屋根材も雨風から屋根を守る役割を果たしますが、たとえ瓦が飛ばされようと、その下のルーフィング材に破損が無ければ雨漏りはしません。 雨漏りが発生した場合、もしかしたらこのルーフィングの耐久性が落ちているのかもしれません。もしもお困りならぜひ当サイトをご活用ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼