最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りはどこから発生する?

雨漏りというものは、最初の防水施工さえしっかりしていれば、その原因の多くは屋根の経年劣化になります。それでは、時間が経つとどのような事が起きて、雨漏りに繋がるのでしょうか。その原因を、場所ごとに簡単にご紹介いたします。

・瓦の割れ・ずれ
屋根の構造は、上から順に瓦・防水シート・野地板となっています。瓦は普段目に見えるもので、雨を上から下に流していきます。その下の防水シートは、瓦の隙間から入り込んだ雨水が染み込むのを防ぐためにあります。しかし瓦が割れたりずれたりしてしまうと、防水シートがむき出しになってしまい、そこから雨漏りが発生しやすくなるのです。

・棟瓦のずれ
棟瓦とは、棟の最上部に乗せられる瓦です。棟瓦が崩れてしまいますと、雨漏りが発生しやすくなるだけでなく、瓦が落下してしまうため非常に危険です。

・雨樋の詰まり
雨水の通り道となる雨樋ですが、落ち葉やゴミ、鳥の巣などが詰まってしまうことがあります。そうなりますと雨水の流れが滞り、逆流して瓦の隙間から雨水が入り込んでしまいます。

他にも、スレート屋根の浮きやひび割れ、漆喰の崩れなど多くの原因があります。素人の目では、それらを発見する事が難しく、その調査と修理は雨漏り修理のプロに任せるようにしてください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼