最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

新しい住宅ほど雨漏り対策を

雨漏り修理といっても、うちは最近新築したし心配要らないんじゃないかしら。そんなに古い建物じゃないし、大丈夫。みなさんそう思われるようなのですが、ご存知でしたか?実は、雨漏り対策が必要とされるのは近年建てられた住宅の方が多いといわれているんです。このところ、デザイン性を重視することにより、軒を短くしたり軒の無い住宅が増えています。軒は住宅の外壁を日光や雨風から守るという大切な役割を担っているのです。雨は住宅に対して斜めに降ってくるため、軒が無かったり短いと、カビが発生しやすくなり、それが雨漏りのリスクを高めてしまう原因になります。また、窓枠、サッシのコーキング剥がれといった劣化も雨漏りの発生原因と言われています。このコーキングというもの自体、非常に劣化しやすいため大体築5年もたつと割れや剥がれといった症状が見られることが多く、注意が必要です。窓の上に軒が十分な長さで設けられていない場合、結果として窓枠の上から雨水が降り注いで雨漏りを起しやすくしてしまいます。梅雨や台風シーズンがやってくる前に窓の上にひさしを取り付けるなど、雨漏り対策の施工をしっかりと。一度雨漏りしてしまうと住宅の耐久年数にも影響が出てきますので、メンテナンスは梅雨や台風シーズンの前にすることをおすすめします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼