最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

新築物件でも…

雨漏りの原因といわれると、多くの人が「劣化」と考えるかと思います。 雨漏りは建物自体、または防水層の劣化で発生する場合が多いのですが、新築の物件であれば雨漏りは100%起こらないのかといえばそうではありません。 建物に開口部がある限り、どんな物件でも雨水が侵入する可能性があるのですから、100%雨漏りの起こらない家などは存在し得ないのです。 防水層は温度変化や紫外線によって徐々に劣化し、硬化やヒビ割れなどが発生します。資材も長年経過すれば腐食等のトラブルに見舞われますので、雨水が浸入しやすくなります。 しかし、新築の物件の場合も、雨漏りの可能性は0ではありませんので、雨漏りの点検・修理をご希望の際はお気軽にご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼