最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

木材の腐敗を防ぐためには

雨漏りをすると家にとって大問題になってしまうのはカビやシロアリなどもありますが、より大きいのは木材が腐ってしまうことです。では、どのようにして雨漏りから木材の腐食が発生してしまうのでしょうか。今回はその点について見ていきたいと思います。まず雨漏りによって水が木材を湿らせると、木材に含まれるリグニン、セルロース、ヘミセルロースという成分を分解する木材腐朽菌という細菌が繁殖しやすくなるのです。これは個別の名前ではなく、木材を腐らせる働きを持つ細菌の総称となっています。特定の場所に生息するのではなく、どこにでもいるような普通の細菌です。この細菌達が繁殖するには適度な湿度が必要なために、雨漏りの水が非常に大切なものになります。この木材腐朽菌には種類が3つあり、1つは木材を白くする白色腐朽菌、褐色に変える褐色腐朽菌、この2つでも腐らせることができない木材にも被害を出す軟腐朽菌が木材腐朽菌と言われるものです。多いのは白色腐朽菌による被害となっています。この菌が雨漏りによって適度な湿度を得て、更に空気と木材のセルロースといった成分を得ることによって繁殖、木材が腐っていくというプロセスになるのです。木材の腐敗をもし防ぐのであれば雨漏り修理をすぐにやるということもありますが、更に湿度を高くしやすくする空気の流れの悪さを解消するというのも手段の1つです。床下や天井裏など、空気の流れが悪い場所に流れを作ってやるというのも雨漏りの被害を小さくするためには必要なことになります。雨漏りが気になるのでしたら、一度そういった点も確認してみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼