最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

瓦屋根の寿命について

日本の家屋の屋根といえば、長く瓦屋根が一般的でした。特に、いぶし銀の瓦は見た目の美しさから好んで使われていました。 瓦は極めて長寿命の建材です。大体40年から60年近い寿命を持っていますから、家を建ててから、何らかの理由があって取り壊さない限りは、同じ瓦をずっと使う場合もあるでしょう。

ただ、瓦自体はかなり寿命が長いのですが、瓦以外の部分はどうでしょうか?

実は瓦屋根というのは、瓦だけで構成されているわけではありません。基本的に瓦は水を弾くか、染み込みにくい材質ですから、水は瓦の表面を流れていきます。だからこそ、屋根として風雨を避ける役割を持っています。ただ、風の関係で瓦の隙間から雨が入り込むことも考えられます。

そうした雨水を放置しておくと、家の中に入ってきてしまうので、それを防ぐために、通常は屋根瓦と屋根材の間に、防水用のシートが設置されています。このシートは瓦と比べると、著しく短い寿命しか持っていません。

大体ビニールなどで出来ているので、持って20年。実際にはもっと短いものです。これは、建築方法が悪いとか、不良品を設置されたというわけではなく、材質の問題です。

だから、瓦屋根だと安心せず、瓦屋根でも雨漏りする可能性を考えた上で、瓦屋根の補修などについてもご検討されてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼