最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

異常気象の後には点検を

最近は異常気象によって思わぬ被害に遭うことがあります。特に、ゲリラ豪雨や竜巻などの突風によって被害を受けた、というニュースを見聞きする回数が増えてきているように思われます。当然、屋根や防水というのは、ある程度の雨や風を想定して適切な設計と施工がされてはいますが、異常気象の状況下では、許容値を超えてめくれたり剥がれ落ちたり、オーバーフローしたりなどという想定外のことが起きやすくなります。異常気象が無事収まってその時は何も被害がなかったように思えても、屋根材や防水材には致命的被害が起きている場合があります。もしそれを放置しておけばどうなるでしょうか。次の軽度な風雨でも雨漏りの被害に遭いかねません。異常気象の後は早めに屋根や防水の点検を行なうことが大事になります。しかし一般には屋根には安易に登れないが普通なので、屋根がどんな状態なのかを見るにはハシゴや足場が必要になります。また滑りやすくなっているので、転落の可能性もあります。点検作業を個人で行なうには非常に危険が伴いますので絶対しないようにしましょう。点検は必ず屋根修理の専門業者に。そして不具合があれば早めに修理をしてもらいましょう。雨漏りの点検・修理は本サイトをご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼