最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

発生箇所を見極める

家の天井や壁紙にシミができている、窓周辺の壁に水が垂れたような跡がある。このような症状が見られたら、雨漏りを疑う方は多いと思います。雨漏りの発生箇所として多いのは屋根・外壁上部などと言われていますが、正確に見極めるにはきちんと調査しなくてはなりません。天井にシミができているから、屋根材が破損していてそこから雨水が浸入しているのだろうと、安易に考えてはだめです。外壁や雨樋からの浸入でも、住宅内部を通って天井にシミができることがあるからです。窓周辺の雨漏りにしても、外壁にヒビ割れがあるのか、サッシが歪んでいたり、破損していたりするのかを調べて適切な雨漏り修理をしなくては、症状を改善することができません。しかし、一般の方が屋根に登るのは危険ですし、実際に雨が降っていない日ですと、雨漏り発生箇所を見つけるのが難しいものです。雨漏り修理を行っている業者では、事前調査をしっかりと行い、雨漏りの原因となっている箇所を見極めてくれるので安心です。自ら屋根に登る必要もありませんので、ケガをする心配もありません。雨漏りは放置しておくと、どんどん家が劣化していき、資産価値も下がってしまいますので、早めに調査および雨漏り修理に踏み切りましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼