最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

見えない部分の劣化に気づくのは難しいことです

住宅というのは、放っておいても段々劣化していくものです。大抵の住宅では、30年、40年程度が寿命となっていることも多く、建て替えたり、リフォームをして住み続けるか、もしくは解体して建て替えることが行われています。

しかし、寿命までなんの処置もせずに住み続けられるのでしょうか?人間だって、長い人生の中で大きな病気をしたり、ケガをすることがあるように、家にも様々な劣化や損傷が出ることがあります。

その1つが雨漏りです。

雨漏りは、主に屋根材の劣化が原因で起こるものです。住宅に起こるトラブルの中では代表的なもので、それによる被害もかなり大きくなる傾向にあります。

その割に、事前にその徴候がわからないのは、雨漏りの原因が見えない場所で進むことが多いからです。

住宅の屋根は、ガルバリウム鋼板や瓦、スレートなど様々な素材で覆われていますが、その下には更に、ビニールなどで出来ている防水シートが張られていて、更にその下に野地板などの構造材があります。これらが層をなして雨水が家の中に侵入することを防いでいるのですが、屋根の上というのは普段は気にしないものですし、瓦の下の防水シートや野地板となると、屋根を覆っている瓦などを外さなければいけません。

定期的な点検をすることで、雨漏りを未然に防ぐ事も出来るかもしれません。それには、数年に一度、業者に見てもらうのが確実です。

調査のご依頼についても、当サイト雨漏り修理110番にご相談ください。事前調査は無料で対応をさせていただきます。

※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼