最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

見た目ではわからない雨漏りの原因

地震や台風の後で屋根が吹き飛ぶようなことになっていれば、誰でもそこから雨漏りすることは分かります。しかし多くの雨漏りの場合、原因となる穴や亀裂が外から見ただけではわからない部分で進行していることが多いのです。 雨漏りの原因になるのは、屋根材自体の破損はもちろんのこと、その下に敷き詰められた防水シートの劣化も原因の一つです。 屋根瓦や、近年多くの住宅で使用されているガルバリウム鋼板は数十年間、防水機能を維持できますが、防水シート自体は屋根材よりも寿命が短いことが多いので、外から見ただけでは雨漏りするような状況には見えないというわけです。 しかし、防水シートが寿命を超えて劣化し、穴が空いたり亀裂が出来てもすぐにどうこうなるわけではありません。屋根材が健全なうちは、雨漏りがすることもなく過ごしてしまいます。しかし、ここで台風などによる突発的な突風、大雨が降ると、屋根材に僅かにできた隙間や、突風などでズレた瓦の隙間から雨水が侵入し、ここで雨漏りが発生してしまうのです。 見た目が大丈夫だからと安心せず、雨漏りについてはちょっとしか起きていない初期の状況で対処するのがおすすめです。 雨漏り修理については当サイトへどうぞお気軽にご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼