最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

長期の雨漏りと湿気による脅威

長期の雨漏りの場合家屋の柱などの腐朽が進み、家の耐久度が低下するといわれています。 木材の腐朽の原因となる「木材腐朽菌」の繁殖の条件は適度の水分・温度・酸素・栄養で、湿度であれば85%、木材含水率が20%以上、温度20~30℃の高温多湿な環境を好み、栄養分は木材に含まれているセルロース・リグニン・ヘミセルロースです。 長期間の雨漏りが続いた場合、木材はこれに近い高温多湿環境になりますので、木材腐朽菌が繁殖し、セルロース・リグニン・ヘミセルロースを分解していきます。 木材腐朽菌の前にまずカビが発生しますが、これは木材よりも、人体にとっての脅威です。 雨漏りをした場合、早い段階での修理と、湿気の除去が大切です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼