最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

降水量が多くなる前に雨漏り修理を

雨漏りは当然ながら、雨が降っている時に発生します。そのため、今後降水量が多くなる地域にお住まいの方はお早めに雨漏り修理をしておいたほうがよろしいでしょう。
特に該当するのは、太平洋側の地域にお住まいの方ではないでしょうか。「太平洋側気候」は、夏季に雨が多く降って多湿になり、冬季には降水量が減って乾燥します。既に3月も終わりに近づいており、春の気配も強くなってきました。それに伴い、降水量の増加を体感している方もいらっしゃるでしょう。
加えて、ただ降水量が増えるだけならまだしも、同時に気温も上昇していきます。高温多湿の環境はカビやシロアリなどの発生を促進してしまいますので、住宅を守るためにも雨漏り修理をしなければならないのです。

まだ先の話ですが、これから梅雨にも入っていきますし、ゲリラ豪雨や台風も増加してくるでしょう。家に欠陥があるままでは大量の雨漏りに見舞われる恐れもありますので、お早めに雨漏り修理を行っておいてはいかがでしょうか。特に梅雨の時期は雨漏り修理の繁忙期になりますので、今は絶好のタイミングとも言えます。もちろん、日本海側や北海道などにお住まいの方も、雨漏りにお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼