最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

陸屋根からの雨漏りに注意

ビルやマンションの屋上などは、陸屋根になっているなっていることが多いです。陸屋根は屋上のスペースを有効活用でき、建築スペースを広く確保できるというメリットがあります。しかし、平らなため排水が滞りやすいという欠点もあります。排水のために若干の傾斜が設けられていることも多いですが、それでも住宅に使用されている三角屋根と比較すれば排水機能は弱いと言えます。それだけに、陸屋根は雨水が溜まりやすく、雨漏りが発生するリスクも高くなっています。もしも陸屋根を使用しているのでしたら、雨漏りの発生に警戒しておくべきでしょう。
そんな陸屋根の雨漏りですが、雨漏り修理の方法としましては「露出防水」という方法が一般的です。露出防水とは、防水面が直に見える施工方法のことです。防水面が直に見えるため、破損していればすぐに確認できるようになります。また、表面の保護をしていないため、建築物に掛かる重量を軽減する事ができます。その反面防水性能は保護防水より低くなるため、施工場所はビルやマンションの屋上など人の出入りが少ない場所が中心となっています。
露出防水の中には、液状の樹脂を塗布する「塗膜防水」や、塩ビシートなどの防水シートを敷く「シート防水」などがあります。それぞれに長所と短所がありますので、どの施工方法を採用するのかは状況によって異なります。その判断や施工は簡単ではありませんので、陸屋根の雨漏り修理も当サイトよりご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼