最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

陸屋根の雨漏りについて

陸屋根(ろくやね・りくやね)は、屋根の形状が平面で、建物を見た時には長方形となります。日本では切妻屋根や寄棟屋根、片流れ屋根が一般的な屋根形状でしたが、最近はデザイン性が高いことも会って、新しい住宅で導入されるケースが多いです。また、屋根の上が平らなので、屋上スペースとして活用できます。 陸屋根は通常の屋根構造と異なるため、雨漏りの原因や対処が少し異なります。 まず、陸屋根の雨漏り原因についてですが、通常の屋根では屋根の傾斜にそって流れていく雨水ですが、陸屋根の場合は、屋根上のスペースにある雨樋から排水する形式を取っています。つまり、雨樋が何らかの原因で詰まってしまうと、雨水が屋根の上に溜まり続けることになります。 ただ、それだけなら雨樋を清掃するだけでも問題ないのですが、陸屋根では、表面を防水シートや塗装により防水層を形成。水が浸入するのを防いでいます。経年劣化でこれらにヒビや穴が空くと、溜まった水がそこから室内に入り込み、雨漏りとなります。 陸屋根の家で雨漏りが生じた場合、この防水層を修復することが必要です。一部を補修するだけだと、都度修復が必要になるので、まとめて塗り直し、貼り直しをするのがおすすめです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼