最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

集中豪雨で思わぬところから雨漏りが

地球温暖化現象などによるものなのか、まるで熱帯地域で起こるスコールのような集中豪雨が日本でも各地で発生することがあります。非常に強烈な雨が短時間に降り注ぐこの雨は、通常の雨とは違いあらゆる角度から降り注ぎます。そのため、屋根や壁のちょっとしたすき間、普段では雨漏りをしないような場所からも雨水が侵入することがあります。縦方向からの雨なら問題ない場合でも風で舞い上がった雨、大量に雨といに流れこんだ雨水からの雨漏りが発生するのです。また、店舗などでは看板を2階部分に設置してあるということも多いですが、この看板から壁の内部の電源へとつないでいるケーブルを伝って雨漏りすることがあるため、注意が必要です。ケーブルが壁に埋め込まれている境目は穴を開けたことで防水機施工がわずかに途切れてしまうため、雨水が入り込みやすいのです。こういった集中的な激しい雨の時だけ雨漏りする、という場合、普段は雨漏りしていないからという理由で修理のタイミングが後へ後へとずれ込んでしまいがちです。しかし、雨漏りにより住宅の建材は確実に傷んでおり、カビやシロアリを発生させる原因となります。近年この集中豪雨は全国各地で頻繁に発生しており、これからも増える可能性があります。住宅を守るため、屋根の点検や雨漏り修理は早めに行いましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼