最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りから引き起こされる人体被害

雨漏りからは、たくさんの被害がもたらされます。一般的に認知されている雨漏りは、天井からポタポタとたれる様なものだと思いますが天井からポタポタと垂れるまでに既に雨漏りは起こっているのです。多くの家庭には「天井裏」というスペースが設けられています。その天井裏に、屋根から侵入してきた雨水がまず溜まっていきます。そして天井裏に収まりきらなくなった時に目に見える雨漏りとして部屋に垂れるのです。こうなった時には既に天井裏は湿気だらけで、一面中カビが発生しているケースも少なくありません。カビがもたらす人体被害には大きく分けて3つ、 ・アレルギー疾患 ・感染症 ・カビ中毒 があります。カビの胞子がアレルギーを引き起こし、主に気管支喘息や鼻炎などが引き起こされます。中でも「アルテナリア」というカビは胞子が大きいためこれを吸い込んでしまい、アレルギー性鼻炎などを引き起こすと言われています。多くは、風邪の様な症状のため、気づかない方も多数いるそうです。カビ中毒とはカビによる毒性物質「カビ毒」によるもので、慢性疾患からのガンや肝臓、腎臓の生涯となって現れる場合があります。こういったようにカビから引き起こされる被害は非常に危険と言えます。大事な家族を守るために、定期的に雨漏りチェックが出来ると良いですね。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼