最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りが漏電を引き起こすことも

雨漏りの被害と言えば、染み込んだ雨水が家財や家屋内の建材を濡らすことによる汚損、耐久性の低下などが代表的ですが、実は火災の原因になる恐れがあると言われています。

漏電とは、本来流れるはずがない回路外にまで電気が流れてしまう事をいいます。もし仮に、天井裏や壁の中など、人目につかない場所の電線の被覆がすでに劣化していたりすると、その部分に雨漏りしてきた雨水によりショートしてしまう恐れがあります。

もちろん、漏電したとしても、最近の建物であれば漏電ブレーカーが完備されていて、火災に至る前にすべての電源が落ちるようになっているので気がつくことが出来るかもしれません。しかし古い建物や漏電ブレーカーが故障していると、漏電したまま電気が流れ続け、その結果として周辺の建材に飛んだ火花などが火災を起こすこともあり得ます。また、漏電したままの電線は熱を持ち高温になりますので、それだけでも火災の危険性が高まります。

水のせいで火事になるというのはなんだか信じがたいことですが、実際に漏電火災が起きている事例もあるので、電気設備の点検は当然ですが、雨漏りしている屋根や外壁については早めに雨漏り修理を行なっておくことも忘れないようにすることがおすすめです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼