最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りしやすい屋根

雨漏りしやすい住宅の特徴は色々ありますが、分かりやすいところだと、屋根です。特に普通の住宅と比べ複雑な形の屋根は特に注意が必要です。通常、屋根は雨の影響を一番受けやすい止め、防水工事や雨仕舞が行われます。複雑な形の屋根では施工部分が増え、独特な形に合わせた施工を行わなければならないため、ミスが起こりやすく、それらの工事が正しく行われないケースがあり、それが原因で雨漏りしてしまうことがあります。長期に渡り住むことになる家ですから、デザイン性を求めるのは当然かもしれませんが、屋根のように普通の形にとどめておくほうがいい場合もあるようです。
次に、屋根の上に何かを設置する場合も注意が必要です。近年では一般家庭でもソーラーパネルを取り付ける住宅が見られますが、屋根の上に何かを設置するということは経年とともに雨漏りのリスクが高まるということです。例えばソーラーパネルを設置する際、つなぎ目をコーキング材などでしっかり埋めますが、このコーキング材の経年劣化が原因で雨漏りにつながることがあります。ソーラーパネルのメンテナンスをするときに屋根とのつなぎ目も一緒にメンテナンスすることで雨漏りを事前に防ぐことに繋がるのです。
傾斜屋根だけではなく陸屋根も同じように注意しなければなりません。陸屋根とは傾斜がなく屋上スペースの有効活用ができる、傾斜がないため建築スペースを広く確保できるといったメリットがありますが、面積が広く、雨水が流れるだけの傾斜がつけられていないという場合には雨漏りの危険性が高まるようです。
このようにどういった屋根であっても少なからず雨漏りの危険性がひそんでいるようです。雨漏りが起こった際は、なるべく早く業者に依頼しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼