最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りできのこが生える?

雨漏りというのは、天井や壁にシミという形で現れた時にはすでにかなり進行が進んでいることも多く、深刻な被害を防ぐために大切なのは、いかに日頃の点検やメンテナンスを行なうかということです。進行が進んでしまった雨漏りは、家の柱などを腐食させるばかりでなく、クロスなどにカビなどを発生させる恐れもあります。 カビは胞子を発生させ、人が吸い込むと肺炎などを引き起こすこともあります。特に夏場になると更に湿気が溜まりやすくなるため、 「トリコスポロン」と呼ばれるカビが大量発生し、これを吸い込むことによって夏風邪にも似た症状が出ることがあります。 健康な大人であれば治療すればすぐに回復するケースが多いものの、子供やお年寄りの場合は肺炎が慢性化し、死に至る恐れもあります。 また、ジメジメとした状態が続くことによって、きのこが育ちやすい環境になってしまうこともあります。 「家にきのこが生えるなんてマンガのような話はあり得ない」と思っている方も多いのですが、きのこもカビと同じように胞子を飛ばして繁殖する植物ですので、風に吹かれて知らないうちに生えてくるというのも珍しくありません。 また、どのような胞子が飛んでくるのか完全に把握することは極めて困難なため、当然食べることは絶対に避けるべきです。 こうなる前に、まず雨漏りが心配と言う方はぜひ一度点検などをされてはいかがでしょうか?当サイトでは修理や点検などのご相談も24時間行っております。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼