最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りで木が腐る理由

雨漏りが発生するとシロアリやカビなども二次被害として発生しますが、雨漏りによって家の木材が腐ってしまうこともありますのでご注意ください。雨漏りで水が木材に滴り落ち続けることによって木が腐ってしまいますが、それはどのようにして起こるのでしょうか。今回はその点について解説していきたいと思います。そもそも木材が腐るのは木材腐朽菌と呼ばれる菌類が原因です。これは菌類の総称で、空気中や土の中などのどこにでもいる菌類ですので特定の菌の名前ではありません。この菌の活動によって木材は3つの腐り方をします。まず褐色腐朽と呼ばれる腐り方は木材に亀裂が生じるようなものです。特徴としては指で触れると粉になるという点があります。白色腐朽は木材が白く変色し、腐っていくものです。寒暖差が大きいところで発生します。軟腐朽は黒っぽくなる腐り方です。水回りで多く起こる腐り方となっています。この原因となる木材腐朽菌は雨漏りが起こることで発生しやすくなるので要注意です。もしも雨漏りが発生したのでしたら、すぐに雨漏り修理をしましょう。そうしないと雨漏りを受けた部分が腐ってしまい、大きな補修をしないといけなくなるかもしれません。雨漏りが起こると広範囲に腐朽が広がる場合もありますので要注意です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼