最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの代表的な調査方法

雨漏り修理を行う前には、どこから雨漏りが発生しているのか調査しなければいけません。そのために、雨漏り修理のプロはいくつかの方法を選択します。最もシンプルなものでは「目視調査」というものがありますが、調査費用が安価である反面、そのスタッフの経験値によって精度が大きく変動します。
調査方法には、目視調査以外にも以下の方法が採用されています。ここでは、その方法を簡単にご紹介いたします。

・散水調査
実際に水を掛けてみる事で、どこから雨漏りが発生しているのか確認する方法です。基本的にホースで水を流すだけというシンプルな方法ですが、それでも目視調査以上に手間が掛かりますし、原因箇所の特定は素人の方では困難です。

・発光液調査
発光塗料を混ぜた発光液を流し込む調査方法です。紫外線を当てることで発光します。天候を選ばず調査できるというメリットがあり、発光塗料の色を変えれば、複数個所の原因を特定する事も可能です。ただし、費用は散水調査以上に高額になります。

・赤外線サーモグラフィー調査
対象の建物を赤外線カメラで撮影し、極端に温度差が生じている箇所(雨漏り箇所)を特定する方法です。目視できない部分まで調査可能というメリットがありますが、温度差が発生している場所が必ずしも雨漏り箇所とは限りません。そのため、他の雨漏り調査の補助的な役割の事も多く、また高額な調査方法となっています。

雨漏り修理のプロは、このような調査方法を駆使して雨漏り箇所を特定します。素人では雨漏り箇所を性格に全て特定する事は困難ですので、必ずプロの力を借りるようにしてください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼