最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りによる住宅被害

雨漏りは住宅の新旧に関係なく発生する住宅被害です。雨水が建物内に侵入することを「一次被害」そして、雨漏りが原因で建物が受ける被害を「二次被害」「三次被害」と呼びます。ほとんどの場合一次被害に気付いた時点で二次被害に進行している可能性が高く、早急な対処が必要となります。対応が遅れた場合に住宅がどんな被害をうけるのか、知っておきましょう。基本的に最初に気づく二次被害はシミによる汚れです。天井や壁のクロスなど雨漏りが発生した場所にはシミができてしまい、見栄えが悪くなります。それだけではなく壁のクロスに関しては、雨水で濡れたことにより接着剤の粘着力が弱くなり、剥がれやすくなります。これは雨漏りを修理しない限り、何度張り替えても同じことが起こります。シミと同時に発生する可能性が高いのがカビです。カビは高温多湿な環境を好むため、シミができるまで雨漏りを放っておくと、天井裏の木材やクロスの裏など、気付いた時にはカビが大量に発生していたなんてことがあります。カビは見つけた時点で対処しておかないと、人体に対して有害なだけでなくダニなどの害虫を呼び寄せてしまいます。さらに、カビが発生した環境下では「木材腐朽菌」という菌が発生しやすくなります。文字通り木材を腐食させてしまう菌で、この菌が発生することで木材に亀裂や穴が空くといった事態を引き起こします。そして、腐食した木材にはシロアリが吸い寄せられます。シロアリは腐食などで柔らかくなった木材を好むため、あっという間に木材をボロボロにされてしまうこともあります。このように一度雨漏りが起こると、次から次へと新たな被害を引き込みます。雨漏りに気付いた時には、業者に相談し、早急な対処が大切なのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼