最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りによる建造物の耐久性の変化

修理を行わずに雨漏りを放置していると、雨が降るたびに建造物内に水が入むことによって 建造物自体の耐久性がどんどん低下していってしまいます。 雨漏り箇所や雨漏りの量に関わらず、この耐久性の低下は避けることができません。 屋根裏などの陽が当たらなくて乾燥しにくい場所が雨水の通り道になっていると、 気付いたときには柱や屋根部分が腐っていたいうのはよく聞く話です。 雨漏りが起こっている場合は、壁紙がはがれてきたり、湿度が高くなるといった諸症状が 見られるので以前と比較して室内の環境が悪化しているように感じたら雨漏りを疑ってみましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼