最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りに気づいていないだけかもしれません

雨漏りに気が付くパターンといえば、大雨が降った日に、部屋の中に雨水が落ちてくるなど、目で見て分かる事が殆どです。 壁が濡れていたりするのも、見た目や触った感じで分かります。 しかし、もし雨漏りが目に見えない場所で起きていたらどうでしょうか。 見た目ではわからない壁の中、普段使わない部屋の雨漏りは、その場で見ていないと気が付かず、被害が大きくなる事が多いようです。 屋根の上からの雨漏りに気を取られていると、壁面の換気口やエアコンの配管口など、意外と気にしていない場所の雨漏りを見逃してしまうかもしれません。 最近は新築物件でも、設計ミスや施工ミスによる住宅の雨漏りが珍しくない時代です。建てた側の補償がない場合は、どうしても自分で直さなければいけないこともあります。 でも、それらは中々難しい事です。 定期的に、プロの雨漏り修理業者による点検を受けておけば、雨漏りの痕跡などから修理箇所を特定して、早めに何らかの手立てを打つことも出来ます。 早めの対策は、修繕費用や工期を短くすることにもつながりますので、ぜひ、点検だけでも受けておくことをお勧めします。 当サイトでも、調査やご相談についても受け付けていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼