最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの主な三つの原因

雨漏りというものは、どのようなご家庭でも発生を100パーセント防ぐということはできません。施工不良が原因ならば新築物件でも発生することがありますし、適切な施工であったとして経年劣化とともに雨漏りの発生確率は上昇していきます。それでは、経年劣化の場合にはどのような箇所が劣化して雨漏りが発生してしまうのでしょうか。その主な原因となる三つの箇所を見ていきます。

・屋根の損傷
屋根は雨が直接降り注ぐ場所であり、常に直射日光や風雨などにさらされる場所であるため、損傷しやすい場所と言えます。屋根の基本的な構造は、下地になる野地板があり、その上に防水シートと屋根材が設置されています。しかし屋根材がずれてしまったり、割れてしまったりしますと、その下の防水シートに水が入り込むことになります。シートだけでは防水性を維持できなくなり、やがて雨漏り被害が発生してしまいます。

・棟瓦のずれ
棟瓦とは、屋根の棟(最も高い場所)に設置されている瓦ですが、これを固定する棟土が劣化しますと瓦もずれてしまいます。その隙間から雨水が侵入してしまいますし、ずれた棟瓦が落下する危険もあります。

・雨樋の詰まり
雨水を誘導する雨樋ですが、そこにゴミや鳥の巣などが詰まっていますと、水が溢れて雨漏りの原因になってしまいます。また、劣化によって穴が空いたり、傾いてしまったりといったことも発生します。

これらが、雨漏りの主な原因となっています。中には簡単に解消できるものもありますが、いずれも高所作業が基本ですので、ご自身で行うことは危険です。なるべく雨漏り修理は業者に任せるようにしてください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼