最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの二次被害

雨漏りに二次被害が発生してしまうことをご存知でしょうか。雨漏り二次被害とは、雨漏りによる湿気や水分が原因で、患部以外の正常な箇所にまでダメージが広がってしまうことです。通常、天井にシミが出来ていたり、壁にカビが生えてきたりなど視覚的に、また臭いなどで異常を感知して雨漏りに気付くと思います。しかし、これが既に、「雨漏り二次被害」と呼ばれるものなのです。 雨漏り修理とは、雨漏りの原因となる箇所を修復し、雨水が家屋内に侵入する事を防ぐことを指します。つまり、シミ・カビなどが確認されてしまった時点で、雨漏り以外の修理費が発生してしまうことになります。また、湿気などが原因で電化製品や設備機器などにまで被害が及んでしまう三次被害にまで発展してしまうと、どんどん出費が増えていきます。 また、目に入るところに被害が出ているということは、目に入らない裏側はもっと症状が進行している可能性が高いです。雨漏りは、放っておくほどお金がかかると言われ、雨漏りの内部的な被害は、思っている以上にあっという間に進行していきます。雨漏りの二次被害が及んでしまう前に、怪しいと思われたらぜひ一度診断を受けておくことをお勧めいたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼