最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの原因と進行の怖さ

気付いたときにはかなり進行しているというのが雨漏りの怖いところ。雨漏りの大きな原因の一つとしてあげられるのが、住宅の老朽化でしょう。屋根に瓦を使っている場合、割れたりずれたりするとその下の防水シートがむき出しの状態になります。その防水シートが日差しや風雨にさらされることで傷んでしまうと、雨漏りにつながっていくのです。また、雨どいに詰まった落ち葉も雨漏りの原因となるため注意が必要です。雨漏りは放っておくと雨水の通り道になってしまった梁、柱、壁なども濡れてしまい、腐敗が始まってしまう場合もあるため、早急に修理が必要となります。またシロアリは湿気のあるところを好んで生息するといわれていますので、雨漏りによってシロアリの発生・繁殖を誘発してしまいます。柱や土台など住宅にとって重要な箇所がシロアリの被害を受けてしまうと、建物の強度にも影響しかねません。さらに、雨漏りで建物内に湿気がこもってしまうと、カビや雑菌が発生し、アレルギーや喘息など、暮らしている人の健康状態にも良くない影響を及ぼすことがあります。このように、雨漏りは住宅にもそこで生活する人にも何一つ良いことをもたらしません。雨漏りを見つけ次第すぐに修理し、定期的にメンテナンスをすることで厳重に防いでいく必要があると言えるでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼